クスノキ基金

 長崎市は、被爆の惨状を後世に伝える貴重な被爆樹木の保存活用を推進しています。
 このたび、被爆樹木を将来にわたって保存していくために、ふるさと納税をはじめ個人や企業の皆さまから
広く資金を募り、その受入先として、「クスノキ基金」を設置しました。
 より多くのみなさまの寄附をお願いいたします。 

 

 「クスノキ基金」は福山雅治氏がホームページやコンサート等で呼びかけ、全国の方から寄せられた、
  (株)アミューズを窓口とした「クスノキ募金」4,502,928円が、本市に寄付されることを機に設置した
  ものです。 


 
  福山雅治さんのクスノキ募金ホームページ ←こちらをクリック

  ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」 ←こちらをクリック

 

寄附の目的

 長崎市が保存対象とする被爆樹木の保存整備事業費補助金に充てられます。所有者への補助金はこれまで対象経費の3/4としていましたが、クスノキ基金を財源として残る1/4を補助することで、所有者の負担を解消し被爆樹木の保存整備推進を図ります。
 
  

   

対象となる被爆樹木

長崎市被爆建造物等A・Bランクに分類される被爆樹木で、民間が所有する樹木です。
合計 15件21本(色付けした箇所

Aランク 11件17本

NO 

名称

 本数    

爆心地から
の距離 

所有者等 所在地
1 城山国民学校カラスザンショウ 1 0.5km 長崎市 城山町23-1(城山小)
2 山王神社大クス 2 0.8km 山王神社 坂本2丁目6-56
3 カキノキ 1 0.8km - -
4 若草町諌山宅カキノキ 1 0.9km 個人所有 若草町
5 江里町山下宅カシ 2 1.0km 個人所有 江里町
6 原爆資料館淀川ツツジ・五葉松 2 1.1km 長崎市 原爆資料館
7 油木町池田宅カシ・ツブラジイ・カゴノキ 3 1.1km 個人所有 油木町
8 浦上第一病院タイサンボク 1 1.4km 聖フランシスコ病院 小峰町9-20
9 淵町鳥嶋宅イスノキ 2(1) 1.6km 個人所有、長崎市 淵町
10 大手町井手宅カキノキ 2 1.9km 個人所有 大手1丁目
11 御船蔵町川口宅ザクロ 1 2.0km 個人所有 御船蔵町
12 若竹町森田宅カキノキ 1 2.3km 個人所有 若竹町
13 西北町開宅カキノキ・カゴノキ 2 2.8km 個人所有 西北町
 

対象本数(民間所有)計

17   

 

Bランク4件4本

NO

名称 本数 爆心地から
の距離   
所有者等 所在地

1

城山国民学校二股クス 1

0.5km

長崎市 城山町23-1(城山小)
2 カシ 1 0.8km - -
3 瓊浦中学校クスノキ 3 0.8km 長崎県 竹の久保町12-9
4 淵神社クスノキ 1 1.7km 淵神社 淵町8-1
5 稲佐国民学校クスノキ 1 2.0km 長崎市 稲佐町11-1
6 福済寺ソテツ 1 2.4km 福済寺 筑後町2-56
7 長崎医科大学附属医院クスノキ 1 0.7km 長崎大学

坂本1丁目7-1

(坂本キャンパス2)

  対象本数(民間所有)計 4  

 ※個人所有の一部について、名称を含め詳しい情報の提供はいたしておりません。

※名称及び爆心地からの距離は被爆当時のものを使用しています。

※長崎市被爆建造物等についての詳細←こちらをクリック

保存整備事例

H30年度実施分(予定含む)

1.山王神社大クス
【樹木概要】
 原爆で枝葉を全部吹き飛ばされて、裸同然となり、黒焦げとなった幹が大きく裂け、一時生存が危ぶまれましたが、2カ月後芽吹き、その強い生命力は市民を勇気づけてきました。1969年、長崎市天然記念物に指定。2016年国指定史跡となった長崎原爆遺跡の遺構の一つ「山王神社二の鳥居」の神社境内にあります。
【整備内容】
 透かし剪定、幹治療、土壌改良(樹勢に問題はありませんが、幹に空洞があるため、大枝が成長すると重さに耐えられず幹ごと折れる可能性があり定期的な剪定が不可欠で、樹齢500~600年の老木には負担も大きいため、樹木医指導により2年に1回程度の細やかな剪定や幹治療を行います。)

 

2.若草町諌山宅カキノキ
【樹木概要】

 「熱線に焼けえぐり取られたような傷が生々しい。炭化で黒ずんでおり、それを取り巻くように両側の樹皮が盛り上がっている。」「平成6年、樹勢が衰えた老木を手当てした。」
 平成8年発行 長崎被爆50周年事業「被爆建造物等の記録」より
 現在も爆心面に治療痕があり被爆の影響が見受けられます。

【整備内容】
 幹の再治療を行います。

 

3.江里町山下宅カシ
【樹木概要】

「ケロイド部分から雨水がしみこんで内部に空洞ができている。」
 平成8年発行 長崎被爆50周年事業「被爆建造物等の記録」より
 現在も記録同様の痕跡が見受けられます。樹木医から、被爆した根の部分が風害に対し脆弱であるとの所見でした。

【整備内容】
 支柱設置を行います。

 

4.西北町開宅カキノキ
【樹木概要】

 「柿の木は爆心側が焼けた。被爆5,6年後に実がなった。西側の樹皮が焼けた部分を覆うようにして成長、
いまでは毎年実をつける。」平成8年発行 長崎被爆50周年事業「被爆建造物等の記録」より
 現在も、爆心側に樹皮の損傷が見られます。樹木医からは、過去の台風で樹幹が傾斜している。支柱の
設置が必要で、根株腐朽の恐れがあり、要経過観察との所見でした。

【整備内容】
 根元腐朽部分の治療、支柱設置を行います。

 

5.西北町開宅カゴノキ
【樹木概要】

 「被爆前は20mほどもある大木だったが、爆風で途中から折れ、熱線で焼け残った幹がむき出しになって
おり、葉は茂っている。」平成8年発行 長崎被爆50周年事業「被爆建造物等の記録」より
 現在も、記録と同様の被爆の痕跡が見受けられます。樹木医からは、幹の内部には腐朽が進行しわずかな
樹皮で生きているが葉量は維持している。腐朽部に不定根が発生しており治療はしない方がよい。支柱は劣化
しており再設置が必要との所見でした。

【整備内容】
 支柱取替を行います。

 

     H30年度 保存整備予定額 合計 3,756,000円

うち、クスノキ基金からの充当予定額 941,000円

 

寄附の方法

 1 寄附

  個別で寄附を受付けております。寄附金は、直接、原爆資料館へお持ちいただくか、現金書留での送金
 をお願いします。領収書は後日お送りいたします。 

 2.募金箱

  募金箱を長崎市役所と原爆資料館に設置しています。

  ・長崎市役所本庁1階ロビー

  ・原爆資料館インフォメーション、事務室 

 3.ふるさと納税

  ふるさと納税(がんばらんば長崎市応援寄附金)の使い道の中で、『2.クスノキ(被爆樹木)の保存』
 があります。希望の方はこちらをクリックしてください。(ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」の
 ページへジャンプします。)

 

お問い合わせ先

被爆継承課 被爆資料係

電話(095)844-3913/ファクス(095)846-5170

お問い合わせメールアドレス hibaku@city.nagasaki.lg.jp