長崎原爆資料館等に指定管理者制度が導入されました。

 

 令和元年9月1日から、長崎原爆資料館、長崎市平和会館及び長崎市歴史民俗資料館の管理運営については、指定管理者「長崎平和施設管理グループ(代表:株式会社司コーポレーション)」が行います。

 

【指定管理者の主な業務内容】

●インフォメーション、観覧受付(減免申請を含む)

●原爆資料館ホール及び平和会館ホールの受付(減免申請を含む)

●図書室の管理運営

●ミュージアムショップ及び喫茶コーナー(※)の運営

●施設の維持管理  など

※喫茶コーナーについては、改装中のため9月3日(火)まで休業します。