講話者プロフィール

 現在講話されている家族・交流証言者のプロフィールです。(50音順、敬称略)

 

 

家族証言者

ご家族の被爆体験をお話する方々です。
  

家族証言者 性別 被爆者(続柄) 被爆時の状況 講話使用媒体

井石 昭子

講話映像

女性 小泉政利(父) ・被爆時年齢:30代後半
・爆心地から約1kmの勤務先(商業学校)で被爆。
・英語教師であったが、戦時中は非国民と言われ日本史教師をしていた。
 爆風で防空壕に飛ばされたことが幸いし、また家族も疎開していたため、全員助かった。
 戦後は、進駐軍の要請で通訳をおこなっていた。
2002年 ご逝去
写真スライド、歌
柿田 富美枝 女性 ・被爆時年齢:21歳
・爆心地から約3kmの勤務先(公会堂)で被爆。
・市職員として被災者のために働いていたが、自身も急性症状に苦しんだ。
 爆心地から約1.5㎞の銭座小学校の卒業だったため多くの友人を亡くした。
写真スライド、谷口氏の証言映像
山口仙二(上司) ・被爆時年齢:14歳
・学徒動員で作業中に爆心地から約1.3kmの三菱兵器製作所大橋工場で被爆。
・全身と顔に大やけどを負った。
・2013年7月6日ご逝去
・長崎原爆被災者協議会元会長
谷口稜曄(上司) ・被爆時年齢:16歳
・郵便配達中に爆心地から約1.8kmの場所で被爆。
・背中に大やけどを負い、1年9ヶ月うつ伏せのまま寝たきりだった。
・長崎原爆被災者協議会会長

佐藤 直子

講話映像

女性 池田早苗(父) ・被爆時年齢:12歳
・母親と買い出しに出かけていたときに、爆心地から約2kmの場所で被爆。
・自宅は爆心地から800mのところにあり、原爆で姉・妹・弟ら5人を亡くした。その後両親も死亡。
 一番下の弟をひとりで火葬した。
写真スライド、紙芝居朗読

永井 徳三郎

講話映像

男性 永井隆(祖父)
永井誠一(父)
・被爆時年齢:37歳(祖父)、10歳(父)
・爆心地から約700mの長崎医科大学研究室で被爆。
・自身も大けがを負いながら、三山町木場に救護所を開設し原爆傷病者の救護にあたる。
 妻・緑は原爆により自宅の台所で亡くなった。
・1949年12月 長崎市名誉市民となる
・1951年5月1日ご逝去
写真スライド、祖父の映像

原田 小鈴

講話映像

女性 山口彊(祖父・父) ・被爆時年齢:29歳
・広島と長崎で被爆した2重被爆者。
・8月6日、出張していた広島市で通勤途中に被爆。
 翌日避難列車で長崎に戻る。
・8月9日、爆心地より約3.5kmの長崎三菱造船所で被爆。
・広島では亡くなった人と人がくっついて漂っており、まるで人間の筏のようだった。
・2010年1月4日ご逝去
写真スライド、紙芝居朗読

山﨑 年子

講話映像

女性 写真スライド
(主に原田氏と共に講話)

平田 周

講話映像

男性 松尾敦之(祖父) ・被爆時年齢:41歳
・爆心地から約3kmの勤務先で被爆。
・爆心地から約700mの自宅にいた妻と3人の子を亡くす。
・原爆の悲惨さを詠んだ句集と日記を遺している。
・1983年 ご逝去
写真スライド、祖父の音声、句・日記の朗読
平田みち子(母) ・被爆時年齢:15歳
・学徒報国隊の作業中に爆心地から約1.4kmの茂里町兵器工場で被爆。
・両腕に大やけど負い、垂れ下がった皮膚を自分で引きちぎり工場から逃げた。
・1985年ご逝去

三根 礼華

講話映像

女性 細田ウメ子(祖母) 被爆時年齢:23歳
爆心地から約2kmの畑で被爆。
家は全焼し、飼っていた牛は2週間後に死んだ。
畑や田んぼで作業をしていた人が、防空坊や井戸の中で亡くなっていた。
終戦後、小さな防空壕で生活しており、食料や物品の不足に苦しんだ。
写真スライド、祖母の証言映像

森田 孝子

講話映像

女性 宮崎幸子(知人) ・被爆時年齢:15歳
・初恋の人が爆心地から1.5㎞の所にある兵器工場で被爆し亡くなった。
 本人とはわからないほどに姿は変わり果て、父親が荼毘にふした。
 その時父親が、「一人では行かせん」と火の中に飛び込もうとした光景を見て、怖くて逃げだした。
写真スライド、書

 

 

交流証言者

団体活動等で交流を通して被爆体験やその後の生活を知っている、もしくは、本市の事業(交流会等)で知り合ったあと被爆体験の聞き取りをおこない、講話開始した方々です。

交流証言者 性別 被爆者 被爆時の状況 講話使用媒体

白鳥 純子

講話映像

女性 吉田勝二 ・被爆時年齢:13歳
・爆心地から約850mで被爆。
・顔に大やけどを負い、何度も手術をおこなったが、右顔面にやけどの跡が残り、周囲の冷たい目に苦しんだ。
・2010年4月1日 ご逝去
写真スライド、紙芝居朗読

 

 

★講話の申込みに関してはこちら