平和首長会議

 1982(昭和57)年、核兵器廃絶と世界平和を目指して結成された世界の都市による平和団体です。会長は広島市長、副会長は、長崎市長ほか14都市が務めています。
 現在、加盟都市数は162カ国・地域、7,417都市が加盟しており、その人口は世界の総人口の7分の1に当たる10億人に及んでいます。(2017(平成29)年8月1日現在)。
 平和首長会議では、2020年までの核兵器廃絶を目標に様々な活動を世界各地で取り組んでいます。そして4年に1度、加盟都市が集まって、行動計画などについて話し合う総会を広島市と長崎市が交互に開催しています。
 今年は長崎で、「『核兵器のない世界』の実現を目指して~ 2020年に向けて、今、私たちができること~」を基調テーマに、「第9回平和首長会議総会」が8月7日から10日まで開催されます。