非核三原則

非核三原則とは、核兵器を「持たない」「つくらない」「持ち込ませない」という被爆国である日本政府の3つの原則のことです。
 1967(昭和42)年12月、当時の佐藤栄作首相が国会で表明しました。1971(昭和46)年11月の衆議院で沖縄返還に関連して、初めて国の方針として、国会の意思を決める決議が行われました。