市民社会

近年、貧困、人権、環境といった地球規模の課題において、NGO(非政府組織)やNPO(非営利組織)、民間財団などの市民の組織が大きな役割を果たしており、こうした組織が公共を担う社会を「市民社会」といいます。 「市民社会」は政府や企業と並び、社会を構成する重要な要素です。政府や企業に対して情報を提供したり、活発な社会的運動を行ったりすることで、人々に関心を与え、時には国際社会に大きな影響を与えます。
 核兵器の分野においても、核兵器廃絶を求める世界の7,000都市以上が連携して「平和首長会議」が組織されているほか、国際会議においても市民社会の発言の機会が設けられるなど、その役割はますます重要になっています。
 核兵器廃絶に向け、市民社会の取り組みが活発となる中、長崎市としても、市民社会との連携の重要性を認識しています。