オバマ大統領が被爆地・広島を訪問

 オバマ大統領は、就任1期目の2009(平成21)年4月、チェコ・プラハで、核兵器を使用したことがある唯一の国としてアメリカが先頭に立ち、核兵器のない世界の平和と安全を追求する決意を明らかにしました。

 そして、任期最後の年である今年5月27日、アメリカの現職大統領として初めて、被爆地・広島を訪問しました。広島平和記念資料館を視察後、原爆死没者慰霊碑前に献花を行った大統
領は、「核兵器のない世界」の決意を新たにする演説を行いました。
 オバマ大統領は、被爆の実相がまだ世界中に十分に知られていない中で、原爆を投下した地に立ち、被爆地で起こった悲劇を世界へ訴えました。また、演説のあと、涙ぐむ被爆者と抱よ
うを交わすなどの印象的な場面もありました。
 今後、残りの任期中に、オバマ大統領が核軍縮に向けてどういったリーダーシップを発揮するのか、注目が集まっています。