ヒロシマ・ナガサキ平和アピール推進委員会

 広島市と長崎市は、核兵器廃絶のための都市連帯を世界に呼びかけるために、1977年(昭和52年)に「ヒロシマ・ナガサキ平和アピール推進委員会」を設立しました。 推進委員会では、平和首長会議の活動推進や原爆写真パネル・ポスターの貸出し等を行っています。

 

平和首長会議

 世界の都市が国境を越えて連帯し、ともに核兵器廃絶への道を切り拓こうと、”核兵器廃絶に向けた都市の連帯”を呼びかけています。
詳しくは次のページをご覧ください。

平和首長会議ホームページ
第8回平和市長会議総会(広島市)

 

海外原爆展「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」

 原爆被害の実相と現在の核をめぐる状況を伝え、核兵器廃絶にむけた国際世論を醸成することを目的に行うもので、核保有国や核保有疑惑国、または核廃絶に熱心に取り組んでいる国などを中心に、毎年2、3都市で開催しています。
詳しくは次のページをご覧ください。

ヒロシマ・ナガサキ原爆展(海外原爆展)ホームページ

 

原爆写真パネル・ポスター

 ヒロシマ・ナガサキ原爆写真パネル・ポスターを無料で、全国の学校・各種団体等に貸し出しています。

〔お申し込み・お問い合わせ先〕
 広島平和記念資料館啓発課
 〒730-0811 広島市中区中島町1-2
 TEL:082-242-7828 FAX:082-247-2464

 

広島・長崎講座

 被爆体験を学問として広く世界の人々に伝えるため、「広島・長崎講座」を世界各地の大学に開設・普及する取組を行っています。
詳しくは次のページをご覧ください。

広島・長崎講座ホームページ