山王神社(さんのうじんじゃ)

被爆クスノキ

 山王神社は旧浦上街道沿いの閑静な一角にあり、樹齢400~500年以上といわれる2本の大クスの青葉が茂り木陰をつくっています。高さは20mを超え、幹回りは8m(社殿に向って右)と6m(同じく左)。原爆で枝葉を全部吹き飛ばされて裸同然となり、黒焦げとなった幹が大きく裂けました。一時生存が危ぶまれましたが、その後樹勢を取り戻しました。