平和祈念像(へいわきねんぞう)

昭和30年8月8日建立

平和祈念像建立のことば

 昭和二十年八月九日午前十一時二分、一発の原子爆弾が、この地上空でさく裂し、方五粁一帯を廃きょと化し、死者七万三千余、傷者また七万六千余におよんだ。哀愁悲憤の思いは、今もなお胸を裂くものがある。

 私ども生き残った市民は、被爆諸霊の冥福を祈り、かつ、この惨禍が再び地上にくり返されることを防ぐために、自ら起って、世界恒久の平和の使徒となることを決意し、その象徴として、この丘に、平和祈念像の建立を発願した。

 かくて、私たちは、平和祈念像建設協賛会を組織し、内外の熱烈な協賛のもとに、昭和二十六年春、工を起してより、ここに四年念願の像を完成し、除幕の式を挙げた。

 この日原爆十周年の日の前日である。

 私は、三十万市民と共に、この平和祈念像が、万人に仰がれ、この世界平和の保持に大きな貢献をなすものと信ずる。

昭和三十年八月八日
長崎市長 田川 務

(裏面)

平和祈念像作者の言葉

あの悪夢のような戦争
身の毛のよだつ凄絶悲惨
肉親を人の子を
かえり見るさえ堪えがたい眞情
誰か平和を祈らずにいられよう
茲に全世界平和運動の先駆として
此平和祈念像が誕生した
山の如き聖哲それは逞しい男性の健康美
全長三十二尺餘
右手は原爆を示し 左は平和を
顔は戦争犠牲者の冥福を祈る
是人種を超越した人間
時に佛時に神
長崎始まって最大の英断と情熱
今や人類最高の希望の象徴

昭和三十年 春日 北村西望

 

<建立の経過>

 爆心地の北、平和公園内の小高い丘にある平和祈念像は、昭和二十六年度から五ヵ年間の継続事業として、広く内外からの浄財を集めて建設された。

 この浄財を募るにあたって、平和祈念像建設協賛会は、次のような趣意書をもって募金を呼びかけた。

 

平和祈念像建設の趣意

 長崎市に原子爆弾の閃光を受けてからはや九年になります。一九四五年八月九日この日こそ長崎市民有史以来の哀しみの日であるとともに、それが大戦にピリオドを打った日である意味において、日本史に、また世界史に特筆さるべき日と思うのであります。

 長崎市民はその日の惨苦を身をもって体験し、悲痛なる犠牲を払いましたがゆえに、世界人類の恒久平和を思うの念とくに切なるものがあり、じらい「平和は長崎より!」のスローガンのもと国際文化都市の建設に営々とまい進している次第であります。

 ところでその記念すべき原爆中心地に何か意義深き記念施設を持ちたいとは、市民日頃の熱望でありましたところ、長崎市において 広く内外の浄財をあつめて、平和克服の契機となった尊い犠牲者の霊魂をなぐさめるとともに、世界恒久平和への熱情を象徴する平和祈念像の建設を決定され製作をわが国彫塑界の最高峰北村西望氏に依頼、二十六年度から五ヵ年の継続事業として実現の運びとなりましたことは、まことによろこびにたえない次第であります。

 この像完成のあかつきは、世界的な意義ある記念碑を長崎が、従って日本が持つことになるのはもとより、原爆犠牲者の霊魂も安らかに瞑されるでありましょうし、またこれを仰ぎ見る幾多内外の訪問者の胸中にも平和希求の念が沸々とわきおこることと思われその意義は深く広いものがあろうと信ぜられます。

 つきましては、右記念像建設費三千万円を調達するため平和祈念像建設協賛会が組織せられ、広く皆様の御芳情にうったえております。皆様におかれましても万事御多端の折からとは重々存じておりますが、なにとぞ右趣旨お汲み下さいまして犠牲者の霊前にささげる御香料の意味において、はたまた戦争に生き残ったものの感謝の気持において御後援のほどひとえにお願いいたします。

平和祈念像建設協賛会
会長 中部 悦良

 

 

平和祈念像建設事業の概要

建設事業主

  • 長崎市長 田川 務

建設場所

  • 長崎市原爆中心地(国際平和公園内)

竣工期日

  • 昭和三十年八月九日 原爆十周年記念日

建設費

  • 三千万円(全額寄附により調達)
  • 台座その他付帯工事費は長崎市において負担

彫刻家

  • 芸術院会員 北村 西望(きたむら せいぼう)

像及び台座

  • 青銅製男子裸体像
  • 三二尺(九・七メートル)
  • 白色塗装
  • 台座一三尺(三・九メートル)

 

<平和祈念像建設のいきさつ>

 平和祈念像建設協賛会発行の冊子には、建立のいきさつが次のように記されている。

 「長崎は原子爆弾によって言語に絶する人的並びに物的の大損害を蒙り、二七万の人口は一四万とほとんど半減した。一木一草を残さず徹底的に破壊されたあの荒涼たる浦上原頭に敗戦の冷たい風が吹き、冷たい雨が降りそそいでいる光景は、何とも名状し難い印象を生存市民に与えた。

 かかる残虐極まる非人道的な仕打ちに長崎市民は何時かこれに報復しようと考えたろうか。当然考えるべきだと思われよう。しかし答えはノーであった。

 というのは、原爆を体験し、原爆の恐しさを眼のあたりに見、また九年も経た今日なお原子病が発現して死んで行くのを見聞しては、何時同じ運命が自分の上にも降りかかってくるかも知れないと、不安に戦く被爆者は、「二度と戦争は起こってはならない。これからは原爆の体験のない人々に訴えて、人類を永遠に、原爆の惨禍から救わねばならない」との悲願を立てずにはおられないのである。その結果誰の口からともなく「平和は長崎から!」という言葉が生まれた。

 あれから九年その間二十四年五月十日には「長崎国際文化都市建設法」が国会を通過して、長崎は新生日本の標榜する「平和」と「文化」を象徴する特別都市として再出発した。しかし復興が進み漸次生活が安定して来るにつれて、七万数千に上る原爆殉難者の慰霊塔建立の問題が漸く声を大にして要望されるようになった。他方「国際文化都市の標」を山上に建設しては如何等国際文化都市市民としていろいろ積極的な意見が出ていたが、芸術院会員北村西望の「平和祈念像」の構想と情熱を知るに及んで、「本像ならば平和の外に文化をも象徴するので前述三事業を包括することとなるからこれが一番いいじゃないか」と先ず原爆資料保存委員会が賛意を表し次いで国際文化都市建設協議会やロータリー・クラブ等が全会一致その実現に協力することを申し合わせた。昭和二十六年春、一千五百万円の予算(財源は台座等付帯工事費を除き全額寄附金)で四ヵ年継続事業として平和祈念像建設事業予算案を長崎市議会に提出し圧倒的多数をもって可決された。

 その後一般物価の騰貴や建設変更(高さ三〇尺を三二尺像に変更)等のため、建設費予算も二十九年度当初予算において三千万円に増額せられると同時に、製作期間も一年延長された。

 本事業は長崎市の事業であるが、その財源は一般寄附金にまつという建前になっているので、資金募集のため、民間団体として「平和祈念像建設協賛会」が設立せられた。内地はもとより、遠く南米、北米、ハワイ、タイ、ビルマ等海外からも協力をあおいでおり、殊に福岡市における全国小学校長会議、札幌市における日本教職員組合全国大会、仙台市における全国都市教育長会議、その他地方的教育関係団体や組織において本事業の完遂のため、全国の高等学校、中学校並びに小学校の教職員および生徒、児童の一円拠出運動を行うことを決議して頂き、現にその運動が展開せられておる。更に本年昭和二十九年八月九日の平和祈念日には長崎市で開催された真宗西本願寺派の仏教青年全国大会において全国的に資金カンパを行うことを決議せられたことは関係者のいたく感激しておるところである。」

(長崎原爆戦災誌より抜粋)