平和の泉(へいわのいずみ)

昭和44年8月3日建設

 

のどが渇いてたまりませんでした
水にはあぶらのようなものが
一面に浮いていました
どうしても水が欲しくて
とうとうあぶらの浮いたまま飲みました

―あの日のある少女の手記から―

 

 昭和20年8月9日原爆のため体内まで焼けただれた被爆者は「水を」「水を」とうめき叫びながら死んでいきました。

 その痛ましい霊に水を捧げて、めい福を祈り、あわせて世界恒久平和を祈念するため、核兵器禁止世界平和建設国民会議と長崎市は、全国からの浄財を基として、ここに「平和の泉」を建設しました。

 今日ここを訪れてくださいましたあなたに、めい福を祈り、平和を祈念していただければ誠に幸いと存じます。

長崎市長

 

概要

  • 噴水池の直径: 18メートル
  • 噴水の高さ: 0.5~6メートル

 刻々と変化する水形は、平和のはとの羽ばたきを形どり つるの港といわれる長崎港のつるを象徴しています

昭和44年8月 完成
昭和60年8月 改修