原爆殉難教え子と教師の像(げんばくじゅんなん おしえごときょうしのぞう)

昭和57年8月3日建立
日本芸術院会員 富永 直樹 作

  • 左側
    人の命が尊ばれますように
  • 右側
    世界が平和でありますように

 

 昭和20年8月9日。原子爆弾の劫火とすさまじい爆風は、一瞬にして長崎の北部一帯を廃墟と化し、十四万有余の市民を殺傷した。さながら地獄のごとき様相は、核兵器の恐るべき脅威を示すものであった。

 この日、家にいた国民学校児童五千八百人余、報国隊として工場に出勤していた千九百余の生徒たちは、百有余の教師と共に即死、または放射能によりつぎつぎと尊い生命を奪われた。

 年を経るに従い、この悲惨な事実が忘れ去られることは忍び難く、県内外の教職員及び有志の協力により、亡きみ霊の安らかならんことを祈念し、再びかかる惨禍をくり返さぬことを誓いここにこの像を建立するものである。

昭和57年8月3日 原爆殉難教え子と教師の像建立委員会