平和を祈る子の像(へいわをいのるこのぞう)

昭和42年8月9日設置

 

原子雲の下で
 母さんにすがって泣いた
 ナガサキの子供の悲しみを
 二度と、くりかえさないように。

大砲の音が
 二度となりひびかないように
 世界の子供のうえに、いつも
 明るく太陽が輝いていますように。

長崎平和の折鶴会

 

設立

長崎平和折鶴会

像作者

中田秀和

台座設計

株式会社 鉄川工務店

施工

有限会社 北部建設工業

昭和42年8月9日

 

概要

 被爆20周年を記念し長崎平和の折鶴会が国内外で募金し建立。台座の周辺には世界各国や国内の都道府県から贈られた石が嵌め込まれている。