秦美穂先生歌碑(はたよしほせんせいかひ)

昭和56年7月26日建立

 

朝の日を
さへぎらふ無き
丘のうへ
焼け立ちて白し
大樹五六本

美穂

昭和二十原爆年初冬浦上詠

 

建立の経過

 長崎市民秦美穂氏の永年にわたる文学の功績を顕彰するため、歌碑建設発起人、やまなみ短歌会有志により計画をすすめ建立の運びとなった。