被爆直後の爆心地(ひばくちょくごのばくしんち)

林重男氏撮影

 

 手前は山里町西部地区の一部。

 下の川(右、上流)と県道(現在の国道206号。左、長崎駅方面~右、道ノ尾駅方面に至る)に、はさまれたところが爆心地。

 爆心地付近の電柱と木立は、真上からの爆風と熱線のため直立したまま焼け残っている。

 復旧した国鉄長崎本線の線路を長崎駅方面に向かって走る汽車が見える。