原爆搭載機の進入経路と投弾

 

テニアン出発から

    原爆搭載機Bockscarに同乗の原爆取扱責任者Frederick Lincoln Ashworthの記録の引用に従えば、Bockscarの行動時間は次のようになっている。ただし他の資料や電文類と比較すると時刻に多少の差が見られるようである。(時刻は日本時間に直したもの)

  • 9日の午前2時47分にテニアン北飛行場を離陸
  • 8時15分に会合点屋久島に到着、5分後にBock機The Great Artiste(※1)と会合、しかしHopkins機(※2)が発見できなかった。8時50分に2機だけで屋久島出発、第1目標小倉に向う。
  • 9時44分に攻撃始点に到着、3回の爆撃航程を試みるが目視できず、小倉上空で45分を費やしたのち長崎に向う。
  • 10時50分長崎に到着、レーダー接近し、雲の穴を見つける。
  • 10時58分に目視でF31(長崎に投下された原子爆弾(通称ファットマン))を投下。
  • 11時05分に沖縄に向う。
  • 12時51分に沖縄の読谷飛行場に着陸。
  • 午後9時45分にテニアンに着陸。

(※1)Frederick C. Bock大尉が操縦する計測器搭載機The Great Artiste(B29)。

(※2)James I. Hopkins, Jr.中佐が操縦する観測撮影機Big Stink(B29)