九州配電株式会社長崎支店(南南東約2.9キロ 五島町)

 九州配電長崎支店の五島町一帯は深夜まで火災が続いたが、社員約60人の総力をあげた防火活動によって延焼をまぬかれた。

 主要施設の変電所は、長崎火力発電所(稲佐町三丁目)は全壊焼失、銭座変電所(銭座町二丁目)、三菱製鋼所に送電する竹ノ久保変電所(竹ノ久保町)、三菱兵器製作所に送電の浦上変電所(家野町)、旭町変電所(旭町)がいずれも全壊した。そのほか、鉄塔4基倒壊、電柱1,413本が倒壊焼失、屋内配線84,703灯が焼失した。この被害によって、全市域はまる二日間停電した。

 同支店では、21人の社員が死亡した。これら殉職者のほとんどは、8月1日の空襲による被害復旧のため、三菱造船所幸町工場、三菱製鋼所、長崎医科大学に出動作業中の者であった。(『九州配電株式会社十年史』)

 

画像