長崎県防空本部跡(立山防空壕)

長崎市被爆建造物等 長崎県防空本部跡(爆心地から約2.7㎞)

 

長崎県防空本部跡(立山防空壕)とは

 長崎県防空本部は、太平洋戦争中、県の防空施策の中心的役割を担っており、空襲警報が発令されると、県知事ら要員が集まり、警備や救援・救護等各種応急対応の指揮、連絡手配に当っていた場所で、壕内には知事室や警察部長室、防空監視隊本部などが配置されていました。

 原爆投下時、この場所から想像を絶する原爆被害情報を国の防空総本部長官などへ送り、また、それと同時に市外各地に救援救護の手配を指令し、県外にも応援を求めました。

 被爆の実相や平和の大切さを感じていただくため、壕の内外に安全性を確保するための補強工事を行い、2005(平成17)年11月から一般公開しています。

 当時この場所にいた方の証言や防空本部が果たしてきた役割などを解説パネルにして、ここから発見された現物資料などと併せて壕内に展示しています。

 補強工事のために取り除かれた通路仕切り壁の一部を標本として展示しています。当時は木材の外側にモルタルを塗って壁が造られていました。

 

永野 若松 長崎県知事の証言

 皆を知事室に集め、「それでは」と言いかけたところに、佐世保市長の小浦君が来て、室に入れたら、「広島はエライことになりましたね」という。「今、ちょうど、そのための会議を始めようとしたところだ」と言った途端に、電灯が消えた。壕の外に出て見た。遥か向こうの浦上方面一面が、真黒な煙に包まれ、赤い火の手はまだ見えなかったが、濛々として大火事となっており、ずっと高いところまで雲のような煙が立ちこめていたのである。しかし、眼下の旧市内にはまだ何事も起こっていない。
 室に帰ると、すでにドンドン警察の報告がきていた。ピカッと光って大きな爆音が聞こえ、広島の新型爆弾らしいものが落ちたが、管内の被害は軽微、人畜に死傷はなく、全壊家屋もない。硝子窓はみな割れ、半壊家屋は若干あったが、概ね小破損の程度だという。しかし、よく考えて見ると、それはその筈であった。警察電話が通じ、すぐ報告できるような警察署からの第一報が、被害軽微、人畜に死傷なしとしてくるのは、もとより当然のことであった。
 しかし、ある程度のことは、爆発直後すぐに、つぎつぎと判っていった。

(長崎県警察史 下巻より抜粋)

 これは1945(昭和20)年8月9日の原爆投下時、この防空本部にいた県知事の証言です。ここは爆心地から約2.7キロメートル離れているため、爆心地の状況がすぐには把握できず、初めは被害軽微としていましたが、その後、浦上地区一帯(爆心地周辺)の詳細な情報が入ってくるにつれて、甚大な被害状況を国の防空総本部長官などへ送りました。

 

ご利用案内

開壕時間

午前9時30分から午後5時まで

閉壕日 毎月第3火曜日(祝日の場合はその翌日)
※但し、点検等による臨時休壕があります。
入壕料  無料
アクセス

長崎歴史文化博物館横 長崎市立山1丁目

路線バス

「歴文化博物館」バス停下車、徒歩1分

「桜町公園前」バス停下車、徒歩5分

「市役所前」バス停下車、徒歩8分

 路面電車 

「桜町」電停下車、徒歩10分

「公会堂前」電停下車、徒歩11分

問い合せ先

被爆継承課 被爆資料係
〒852-8117 長崎市平野町7番8号 (長崎原爆資料館内)
TEL 095-844-3913
FAX 095-846-5170

見学者は次のことを守って入壕してください

  • 壕内でのつまづき、転倒には十分注意してください。
  • 壕内では飲食、喫煙、落書き、集会など一般見学者に迷惑になるような行為は一切お断りします。
  • ゴミの持ち帰り運動にご協力ください。
  • 展示物には破損の恐れがあるため手を触れないでください。
  • 現地にはトイレがありません。近隣の公衆トイレをご利用ください。

 

マップ