核兵器のない世界

C-5 核兵器開発・実験の被害者達

 長崎に原爆が投下されてから9年後の1954年3月、アメリカは南太平洋のビキニ環礁で水爆実験を行ないました。この実験によって被害を受け、半年後に亡くなった日本のマグロ漁船第五福竜丸(ふくりゅうまる)の乗組員、久保山愛吉(くぼやまあいきち)さんは、その死の床で「原水爆の被害者はわたしを最後にしてほしい。」という言葉を残しました。久保山さんの命をかけた願いにもかかわらず、その後も核兵器の生産は拡大し、人の命にかかわる事故がおきました。

 核兵器の実験地域は、人ばかりでなく自然環境も、放射能で汚染された。核兵器開発競争のもと、犠牲となった人々が、今もその後遺症に苦しんでいます。